2014

あけましておめでとうございます!

昨年は就職活動があり、9月に卒業、10月に社会人生活スタートと本当に濃くて。

特に仕事面。私は美大出身でもないし、ビジュアルデザインをはじめたのも今の会社でインターンを始めてからと他の1年目デザイナーに比べると圧倒的に歴が少なくて・・・だけどそんなことも言ってられないし今作っているサービスをもっともっと良くするために自分のビジュアルデザイン力をもっと上げていかねばと奮闘する日々でした。そして2014年もその気持ちは変わりません。ビジュアルデザイナーとしてもっともっと成長し、今作っているサービスをたくさんの人の手に届けられたらなと思っています!

2013年に読んで良かった本を紹介します。

そんな私ですが、がっつりデザインに取り組むことができた(学校が終わった)2013年8月〜、読んで勉強になった本、今後も手元においておきたい本を紹介します。特に私と同じ境遇や同じ方向を目指す人には参考になるのではないかな、と。

デザインの考え方

1.美の構成学―バウハウスからフラクタルまで

美の構成学―バウハウスからフラクタルまで (中公新書)
三井 秀樹
中央公論社
売り上げランキング: 12,413

今仕事にしている(商業)デザインとは一体どこから来たのだ・・・?という疑問からこの本を手に取りました。前半は「構成学」の理念を体系化したドイツ、バウハウスの歴史について。後半はその「構成学」とは一体何なのか、その要素を見ていくというもの。

構成学を一言でいえば、造形に共通する形体・色彩・材料に関するそれぞれの特性を明らかにするとともに造形とのかかわりを掘り下げる研究領域である。

形とは?色彩とは?材料とは?分割とは?プロポーションとは?とデザインの要素を深堀りしていくのに引き込まれること間違いなし。デザインの「センス」と呼ばれるものは「必要な造形原理を効率よく体系的に修得し、デザイン能力を発揮できるかどうか」というその言葉に共感し、励まされています。

2.論理的思考によるデザイン 造形工学の基本と実践

論理的思考によるデザイン 造形工学の基本と実践
山岡 俊樹
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 429,069

著者の山岡俊樹さんはもともと東芝のプロダクトデザインをされていた方らしく、立体の造形についての話も出てきます。が、それでもWebデザイナーが読んでも非常に勉強になる一冊だと思いました。造形の基本原則から造形コンセプトを立てるまでの方法など。

(本じゃないけど)感覚派デザイナーも知っておいて損はない「デザインの要素と原則」

いつもすごく勉強させてもらってるWebNautさんのこの記事は中でも特に勉強になりました。

デザインフロー

3.ロゴデザイン・ラブ! -僕の失敗と成功、みんなの話からわかるブランド・アイデンティティのつくり方

超有名ブログ「LOGO DESIGN LOVE」の本。内容としては一つのロゴができるまでの過程や、クライアントへのヒアリング・折衝のポイントなど タイトルどおり「ロゴ」の話しか出てきません。だけどそのロゴのデザインプロセスはWebにもアプリにも全部に活かせる内容。著者がある企業ロゴを作った際のマインドマップやラフスケッチを見れるのもすごく良いです。

4.デザインノート EXTRA good design company 水野学

デザインノート EXTRA good design company  水野学 (SEIBUNDO Mook)
誠文堂新光社 (2013-11-18)
売り上げランキング: 2,096

12月半ばに買ったばかりだけど何回も読んでる。水野学さんの手がけるデザインって「納得感」が高くて素敵なものばかりなんですよね。前からおっと思うデザイン物で後からgood design companyが手がけたものだと聞いてなるほどなと思う。MAMEW、杏露酒、NTT DocomoのiD、そして2013年で言うとくまモン・・・。その「納得感」のもとになる水野さんのデザイン哲学を垣間見ることができるのがこの本なわけです。「グッドデザインカンパニーの仕事」も大好きなのですが、デザインノートは更に内容がパワーアップされていて本当におすすめです。

特に大好きでふせんがいっぱい貼ってあるのは、P106「THINK DESIGN 水野学のデザイン哲学 PART1_ブランディング編」、P138「PART2_グラフィック編」。

人は見たことがないものをいきなり買おうとは思いません。今まで自分が見たものや経験した感覚の何かをそこに見つけた時に初めて欲しいと感じる訳です。(P106)

東京ミッドタウンのブランディングはミッドタウンをどんな人に見せればいいかを考えて行いました。(中略)ミッドタウンは、ハリーウィンストンやリッツ・カールトンのようなスタンダードな店やホテルがあって、裏には広い緑地帯もある。それはとてもいい人っぽい。ビジュアルづくりは、そのいい人っぽさを伝えることに徹しました。(P139)

配色

5.配色イメージワーク

配色イメージワーク

配色イメージワーク

posted with amazlet at 14.01.01
小林 重順
講談社
売り上げランキング: 50,538

今の会社でのインターン初日の課題が「まずはバナーを作ってみて。」そこで作ったものが今でも社長にネタにされるレベルに本当に酷くて。笑 特に色彩を論理的に知識も術もなくて・・・。そんな時に出会ったこの記事。「イメージスケールを使ってWebサイトの配色を論理的に決める方法」これを読んで「配色イメージワーク」を手に取りました。今でも色彩の決定には悩むことが多いですが、この本と先ほど紹介した記事の配色決定プロセスの考え方にはだいぶ助けられました。

6.すべての人に知っておいてほしい 配色の基本原則

すべての人に知っておいてほしい 配色の基本原則
エムディエヌコーポレーション (2013-01-09)
売り上げランキング: 88,290

そもそも配色の基本原則はこの本で学びました。

レイアウト

7.デザイン仕事に必ず役立つ 図解力アップドリル

デザイン仕事に必ず役立つ 図解力アップドリル
原田 泰
ワークスコーポレーション
売り上げランキング: 130,762

ボロボロになるまで使い込んだ本なんて、大学受験以来・・・というくらい、色々なことを吸収させてくれる一冊でした。「図」を構成する要素である線、点、面、その組み合わせ、などなど 何がどんなイメージを受け手に与えるか実践していきます。プレゼン資料作成にも生きると思うのでディレクターやWebコンサルタント職の方などにもおすすめです。(小学校の教師をしている私の母もこの本すごくいいね!と言っていた。)ちなみにこの本が良すぎて、続編の「[動く]図解力アップドリル
」も買ったのですがこちらはまだ全然出来てません。2014年こそ・・!

レイアウトに関しては上司から色々とフィードバックもらったり教わったりしているのですが、体系的にまとめたいなーと次の本も買いました。

8.デザインのルール、レイアウトのセオリー。

デザインのルール、レイアウトのセオリー。
伊達千代
MdN
売り上げランキング: 2,947

が、まだあんまり読めてないんですよね・・・!ただざっと見た感じすごくわかりやすくてまとまっている印象を受けました。

ユーザビリティ

9.ユーザ中心ウェブビジネス戦略

ユーザ中心ウェブビジネス戦略
武井 由紀子 三木 順哉 株式会社ビービット
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 68,704

社長に「まだ読んでないの!?」と言われてから焦って読み、最近常に持ち歩いてる一冊です。ユーザーの行動シナリオに基づいたWebサイト制作の実践方法が書いてあります。具体的なデザインの方法ではなく、ユーザーシナリオとは?ユーザーテストとは?というその検証方法を紹介した本です。Webにおいて、ユーザーの行動は点ではなく線だよね、その線に沿ったデザインをしなきゃだめだよね、と大事なことに気づかせてくれた一冊。WebディレクターもWebデザイナーもサイト制作に関わる全員が読むべき本です!!

その他

10.SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術
安川 洋 伊藤 大典
インプレスジャパン
売り上げランキング: 163,104

小手先のテクニックではなく何のためのSEOか、そのために何をすればいいのかということについて設計や技術面から書かれた一冊です。SEOというとスパムなどネガティブなイメージばかりつきまといますが、本来はユーザーを見据えた情報設計とかそういう話だよなあと思っていて。それこそデザイナーがその考え方を理解し、ディレクターと一緒に設計できることが大事。
SEOの本は次はこれが読みたいなと思ってるところ。→「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」

11.文章力の基本

文章力の基本

文章力の基本

posted with amazlet at 14.01.01
阿部 紘久
日本実業出版社
売り上げランキング: 5,707

バナーでもWebサイトでも何でも、デザインを作るだけでなく文言まで考えるじゃないですか。その時にデザインにNGが出るというより文言にNGが出ることが多くて多くて・・・。その大体が基本的な日本語の文法ができていないとか、読みにくい文章とか本当に基本的なことなんですね。それを解消すべくこの本を手に取りました。学生のうちからもっと基本的な日本語に注意してレポートや文章を書く習慣を持てていたらなあ・・・とすごく思うので、特に学生の方に読んでもらいたい。

デザインに全く関係ない本でいうと、シェリル・サンドバーグの「LEAN IN」、「キングダム」(マンガだけど)、「ロスト・インタビュー スティーブ・ジョブズ1995」は何度も読み返しました。

計算してみると10月〜12月だけでも28冊本を買ってました。(うち半数がKindle・・!)2014年も貪欲に知識を得つつ、手を動かして自分なりのデザイン哲学を築いていきたいです。おすすめの本あったらtwitter、Facebookで教えてくださいー!