27日(金)他社さんとのデザイナーが集まる合同勉強会がありました。LTの枠が2つあり、急遽前日にそのうちの1つの枠をいただくことが決定。木曜日はさすがに焦りました。

同業の人の前でプレゼンして面白く聞いてもらえる話題ってなんだろう?と考えた結果、ユーザーテストについてのLTにしました。

上記のスライドでは、これからユーザーテストをデザインプロセスの中に取り入れてみたいという人向けにテストのプロトタイプに使うツールや質問方法、条件設定についてまとめています。

実は、私自身ユーザーテストってこうやるんだよ、ときちんと教わった訳ではありません。上司がテストしている様子を何度か見た後、見よう見まねで自分でもテストを始めました。正直最初のころはUIがワークしているかを検証をしたいのに、私のテスト進行が正しく出来ておらずコンセプト検証(ユーザーのニーズの掘り出し)で終わってしまうテストをしたりと大失敗続き。そういう失敗がありつつ、「どうやったらきちんと検証したいことが適切に検証できるか」というのを徐々に掴み、今は安定してテスト運営が出来るようになったなーと感じています。それで言うとテストなんてやったこと無い私に「ユーザーテスト進めて」とすべてを任せてくれた今の環境には感謝。笑

ユーザーテストに関しては、もっと細かく紹介したいことや私の失敗談、そこから得られる教訓など共有できることがまだまだたくさんあるので来週以降会社のブログでまた記事を書こうと思っています。

没ネタ

もう1つ迷ったネタがあって、タイトルは「デザインの手がかり」。ビジュアルデザインを考えるとき、大きさ、形、レイアウト、フォント、などなど詰めますが、デザイン構成物のそれぞれをどのように決定するのか、その際の手がかりをまとめようかなと。近いうちにまとめてどっかで発表か公開できたらいいなー。