recordplus

この週末、長野県蓼科にあるペンション(?)にて会社で所属する部署の1泊2日の開発合宿があり、参加した。

作ったもの

全員で15名の参加でしたが、事前アンケートにより合宿で何をしたいかを元にチーム分けがされた模様。私のチームは、1月からジョインされたエンジニア、新卒1年目のエンジニアとの3名チームで、テーマは「アプリ開発」。

作ったものは「record+」(略して、れこたす)というアプリ。

record+とは

自部署ではリソース配分の最適化のため、日々それぞれのメンバーがその日に何をやったか業務を記録している。今回作ったのはその業務記録システムのiOSアプリ版。

ポイントは2つ。

  1. その日の業務記録を手軽に入力出来る
  2. 自分の業務記録を振り返ることが出来る

デザイン

お盆直前にこのテーマに決まって、ざっくりシナリオとかニーズ考えて1日でWF作成。WFはいつもどおりCacooで作成、遷移と機能が分かるように。これをたたき台に3人で機能と遷移、デザインの検討を行った。(最初はlogtodayっていう名前だった名残が…)

recordplus_wf

テンプレート数や要素を考えると、そこまで複雑なデザインにならないと思ってデザインはすべてイラレで作成。

recordplus_design
↑最後の方時間なくて適当になってしまった。(すみません…)色々あって結局最終的に画面遷移以外はWebViewになり、デザインテイストだけ決めた感じに。htmlテンプレートをエンジニアに渡したのが合宿前日(すみません…)、cssとStoryboard上での調整は合宿当日に行った。

こういう業務管理のツール、とにかく日々使うことが大事なので仕事出来る感、イケてる感を出したくてブルー系のダークグレーをメインカラーに。最初の時点から、記録した業務内容はグラフ表示とリスト表示をしたいということが決まっていたので ポイントになるカラーはそのグラフ表示で使用。(ここにはデザインないけど発表20分前にエンジニアがグラフ実装してくれました!)

良かったこと

  • 今入社10ヶ月目だけど、入社してから即今のプロジェクトにアサインされ、ずっと同じメンバーでやっていたので この機会にいつもと違うメンバーといつもと違うプロダクトに挑戦できたのはとても良かった。たった2日間だけどかなり濃くコミュニケーション出来たと思うし、2人からたくさん刺激を受けた。
  • 実装時間10数時間である程度形になったのは良い経験だった。
  • Githubをちょっと理解した 今後もっと使っていく足がかりになった(いつもBacklogを使っているけど、Githubはなんかテンションあがる。Pull Request便利っぽい。)

今後に向けて

  • もっと技術的に新しいことにも挑戦すればよかった。アニメーションつけるライブラリを使ってみるのを提案して使うとか、UIの細かい調整まですべて自分でやり切ってみるとか。

とにかくこれに尽きる。他のチームではテンプレート渡すのもGrunt使ってやったり?とか色々今の通常フローには無いこともしてたみたいで、そういうのも色々聞きたい。

ちょっと話変わるけど

ブログまたデザイン変えた。実はまた別のドメインを取得してブログ作った。このテンプレートはそのテンプレート流用。ブログではファッションxテクノロジーの情報収集したことをアウトプットしていけたらなと思う。

先月くらいからサービスデザインをしているデザイナーさんたちとちょっとずつ知りあえたり仲良くなれたりして非常に楽しい。デザイン自体も、ビジュアルデザインも、実装力もまだまだなのでもっと修行したい。