10月1日に社会人2年目の日を迎え、また今日で24歳の誕生日を迎えたことになる。2年目だから●●、24歳だから△△、といった何かがあるわけではないけど、せっかくなので振り返ろうと思う。

仕事について

2013年の10月1日に会社に入社した日のスピーチで「誰よりもバッターボックスに立ちます」と宣言したことは今でも鮮明に覚えている。今となってはちょっと恥ずかしいスピーチの内容だけど、そういったおかげで色々なことにチャレンジできたのかなとも思う。

この1年の活動のうち半分以上を占めたのは会社の新しいプロダクトの企画からリリース、運用までディレクター・デザイナーとして関わらせてもらったという経験。上司や仲間と議論しすぎてへろへろになったり、日々ミスって怒られたりもしたけど毎日必死で何かしらアウトプットせねばと食らいついていた結果、デザイナーとしても社会人としても見れる幅も出来ることの幅も広がりこれを成長というのかな、と成長を実感した。間違いなく最高にチャレンジングな経験だったと思う。

またそれ以外にも採用活動、会社の資料フォーマット作り、ブログのデザイン、ユーザーテスト、それらに関するブログ記事書いたり、やったことはなんだかんだ言って全て学びになって次の自分につながっているなと今振り返ると感じる。

プライベートについて

プライベートで大きかったのは撮影女子会のサイトやanan総研。会社で作るものはどうしても会社の打ち出す方向性がある以上ある程度決まった形になるので、それ以外のアウトプットをする場を持つことは重要だと気付いた。それから会社のプロダクトをリリースしてからは若干時間に余裕が出来て月に2回は外部の勉強会や交流会に行けたのも自分の視野が広くなって良かった。

ここ1,2ヶ月のこと

ただここ最近1,2ヶ月はこれまでに比べるとだいぶ受け身な姿勢になってしまっている。なんだか消化不良で、毎日モヤモヤした気分でいるので非常に良くない。とにかくまずやってみればいいやん、とかそういう話でもない部分もあり、いろいろな人と話したり自分自身で整理をしようとしたりしている。

目標がないのがいけないのだと思って成し遂げたい野望など色々考えている。

自分の成し遂げたい野望

やっぱりやるからには、今だからこそチャレンジしがいのある領域でインターネットやその他テクノロジーが人の日常をもっと良くするようなそんなことに全力投球したいのだとやっと最近気付いた。

デザイナーであることにこだわっていた時期もあったけど、今の自分はデザインを関わるプロジェクトの手段の一つとして見ている。人の日常をもっと良くするものを作るために自分ができることを全部したい。

とはいってもまだまだデザイナーとして出来ることの幅は狭いし、アウトプットのクオリティも低いのでまず1人前のデザイナーになるためにデザインの勉強と作ることをどんどんしなきゃなと。

大学で広告の勉強をしていてコピーライターとかカッコイイよなー等ぼんやりと考えていた自分がデザインを仕事にしている。それで悩んだこともあったけどやっぱりデザイナーはただ単に見た目を作るということだけにとどまらず、ユーザーとの接点をどう作っていくかを考える、やりがいのある職業だと思う。

それから今いる環境はWebマーケ、特にSEOに強い環境。自分の成し遂げたいことを考えるとSEOやWebマーケって避けては通れないのに今あまり勉強できていない。もったいなさすぎるので今年はもう少しWebマーケの実務にも足をつっこんでいきたい。

まだまだやりきってないので、ひたすらチャレンジし続けるそんな1年にしないと。

覚書程度にゆるふわKPTを。

Keep

  • 月に1本映画みる
  • 月に1度外部の交流会や勉強会に行く

Problem

  • インターネット以外のことに興味を持つ
  • デザインに割いている時間がすくない
  • もっとデザインの勉強をした上でアウトプットする

 Try

  • 1週間に1回は走る
  • 週に1回、勉強した内容をブログにまとめて書く

最後に

2年目で自分より若い年次の社員も会社にはいるし、自分が採用に関わったメンバーも会社に入る。この1年は自分が自分がとただでしゃばるのではなく、チームで勝ちをとりにいけるようなそんな働き方をしたい。「パスをもらえるプレイヤーになる」ということで、また1年どうぞよろしくお願いいたします。