ネットの拡張としてのIoTと、プロトタイプ作りが出来るデザイナーという2つの文脈からずっと「モノを作ること」が気になっていて、簡単でもいいからモノづくりの手がかりをまず持っておきたいとここ最近ずっと考えてた。そこで、プライベートのタスクがなんとか一息ついたタイミングで3Dプリンタで出力するための3Dデータを作る作業を始めてみた。

今回のゴール

3Dプリンタで出力できるデータの作り方や、ソフトの扱い方をなんとなくでも分かり、一連の流れがつかめるところまでいきたいなと。

インプット

ただ単にデータを作るだけではなく、3Dプリンタの歴史と2014年現在で最先端の事例など見れたらなと思って2冊の本を事前にamazonで購入。
研究レベルや最先端の話は「SFを実現する 3Dプリンタの想像力」に3Dプリンタの歴史から可能性までとても分かりやすく書かれていた。

この「SFを実現する」とても良い本で、3Dプリンタが3Dプリンタ自体を自作するという研究や3Dファックス、それ以外にも様々な事例あって勉強になった。読み終わった後前向きな気持ちになる。笑 もう一度じっくり読みたい。

SFを実現する 3Dプリンタの想像力 (講談社現代新書)
田中 浩也
講談社
売り上げランキング: 99,467

データ作成の入門書としては、作例がとっつきやすそう、且つ幅広そうなのでこの本を買ってみた。

脱! 2次元 面白いほどかんたんにできる! 3Dプリンター (エクスナレッジムック)
FABLAB渋谷
エクスナレッジ
売り上げランキング: 93,364

Autodesk社の123D Designというフリーソフトの基本的な使い方と、表紙にも載っている作例7つの作り方が詳細に書かれている。フリーソフトではこの123D Designというのが一般的みたい。

作ってみた

上記の本のうち、まずソフトの使い方は最初から最後まで通してやってみた。PhotoshopとかIllustratorとか毎日使うのでこういうソフトに抵抗は無いと思ってたけど、でも3Dともなるとまた全然できることも操作感も違うのでちょっと戸惑った。

で、作例のうちの一つ、「シュガーポット」を途中まで作ってみた。

ベースに正方形を4つ書いて、それを回転、つなげて、中をくりぬいて…と(詳しい工程は本を見ていただければ…!)10分ちょっとでこういうのが出来る。思った以上に簡単。

sumire hibiyaさん(@smrhby)が投稿した動画 -


これに取っ手がついたり、もっと凹凸が増えれば増えるほど大変になっていく。次はもうちょっと複雑なものに挑戦してみる。あと実際にプリントしてみないとどうにもならないので、近々プリントできるところにも行ってみようと計画中。自分が住んでいる場所だと以前陶芸しにいった目黒のMaker’s Baseが近いかなと。

上記以外に参考にしたもの

3Dプリンタのデータや作ったものを売っているギャラリーはどれも見ていて楽しい。

Shapeways

アメリカNYに会社がある、3Dデータで作られたもののオンラインECプラットフォーム、プリント代行。作った側も、欲しい側にとってもとてもいいサイト。サイト自体のデザインも見やすくて素晴らしく、すごいなーと思って会社概要みたらAndreessen Horowitzも出資していた。

Shapewaysのグローバルナビゲーション、一番左のGadgetsカテの中の最上位がDrone Partsでアメリカすごいと思った。ドローン自分で作れちゃう!

Buy Custom DJI Drone Parts   Shapeways 3D Printing

rinkaku

こちらは日本版Shapeways。トップページでピックアップされているような作品は、どれも日本の作家さんならではの繊細さとか柔らかさ感じるようなものばかりでとても素敵。

Pinterestでひたすら3D printer ideasと検索

いつものデザイン作業と同じく、Pinterstにもお世話になっています。まだ少ないけどBoardも作ったよ!

Pinterest経由で出会ったのが、Nervous SystemというGenerative Design Studio。ジェネラティブアートをそのままプリントしたアクセサリーは無機質な繊細さがすごく美しい。ため息。

最後に小話

SFに「Endswell」というアクセサリーブランドがある。3Dプリンタを使ってゴールドをリングの形に出力、職人さんが最後の仕上げをしている。

Endswell blends traditional craft, modern technology and progressive values.

Blog--Endswell-Collection

(Endswellさんのブログはアクセサリーの写真も美しいけど、それと同じくらいSFでの景色や暮らしぶりが素敵で、思わずSF行きたくなっちゃう…ため息モノ…。)

暴露すると、いつか自分のためのアクセサリーブランドを作りたいとここ2年くらいずっと考えている。(撮影女子会を手伝い始めてから、自分の理想の世界観を表現する場があるというのはとても素敵なことだと思った。)彫金とか習わなきゃいけないのかなと思ってたのだけど 確かに自分が作りたいようなリングってそこまで複雑な形じゃないし、3Dプリンタ+仕上げで自分の好きなデザイン+サイズができるのであればいいなと。この3Dプリンタプロジェクトの最終ゴールの一つは自分のアクセサリーブランドともここで宣言しておくことにする。

あとはArduinoも触ってみたい!