もうあと20分くらいしか無いですが。

今年は社会人1年目が終わり、右も左も分からん状況から少し脱し、とにかく仕事づくしの1年だった。

前半:会社の仕事一筋。「ディレクション」って何ってことをひたすら学んだ。

中盤:ちょっと余裕出来てきて外との繋がりが増える。週1くらいで勉強会行ったり女子会行ったりする

後半:転職、それに伴う引き継ぎ・業務フロー確立

とくにこのブログでもちょこちょこ書いていた新卒で入社した会社を辞めて次の会社に行くという決定をしたのは自分の中でも大きな転機だった。年明けからなので、また頑張ります。

 

Facebookに投稿した文章を若干編集の上、こちらにも載せておきます。

===

昨日、12月26日で退職しました。

インタラクションもビジュアルもコーディングも全部やる。仕様も決める、オペレーションと開発の橋渡しもする、採用もする、プレゼンもなんでもする。そんな心持ちのことを「誰よりもバッターボックスに立って常にフルスイングする」と表現した入社スピーチのこと、今でも覚えてます。
結果、その宣言は自分なりにやり切ることが出来たかなと評価する、そんな1年と2ヶ月でした。
そしてその裏に、別にデザインのこと専門で勉強してきたわけでもない私に、たくさんのチャンスとFBをくれた社長と上司、それを周りで支えてくれたり一緒に開発を進めてきたメンバーがいてくれたことは本当にありがたいことだなと思います。

何よりも感じるのは、会社、事業、チーム、個人、そのどれをとっても 確固たる目標を持ち続けることが出来れば あとはどうにかこうにかしてその目標を達成することが出来る そんな1社目での経験は何にも代えがたいものだと思います。

私個人の話でいうと、両親は小学校の先生だし、普通の高校卒業して大学でも広告・マーケティングを学んでいた自分が今こうして一企業にデザイナーとして入社してアプリ作ったりサイト作ったり、そしてサービス作ったりしているっていうこと、そんな夢を今実現してデザインに関しては自分である程度回せるようになったっていうことがある種奇跡のような話で。(言い過ぎかもしれないけど過去の自分からすると想像も出来なかったことなんです(._.) )

1年2ヶ月というと、「たった」という副詞がつくくらい、短い期間のように感じます。でもすっごく濃い1年2ヶ月でした。皆様、本当にありがとうございました。

次のことなんですが、
自分の将来を意識し始めた大学生の頃からずっと思っている「世の中をいい方向へ前進させるサービスを作りたい」という思い、これを実現したいなと思ってます。btrax時代にもご縁があったところへjoinさせていただけることになりました。
年始最初の営業日から出社なので今既にドキドキしてるんですが、少しでも早くバリューを発揮できるよう、張り切って頑張ろうと思います。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。